1. HOME
  2. ブログ
  3. 徹底解説|2020年までにブロックチェーンがもたらす変化!!

徹底解説|2020年までにブロックチェーンがもたらす変化!!

最近では多くのメディアで「ブロックチェーン」はインターネットの登場後の最大の発明であるとされ、現在では、安全な取引を実行するために大きな効果を発揮するとされてイアmす。このテクノロジーはBitcoinの仕組みを可能にするために考案された技術で、一般に暗号通貨に関連付けられていますが、その特徴から、現在では、多くの業界およびガバナンス分野でますます注目されています。

ブロックチェーンとは?

 

多くのEU加盟国がこの目的のために率先して取り組みを始めており、大手IT大手企業はすでにブロックチェーンソリューションを顧客に提供しています。ブロックチェーンベースの支払いシステムであり、Amazonは自社のAWSにブロックチェーンを含めることを計画しています。MicrosoftはすでにクラウドプラットフォームAzureで「サービスとしてのブロックチェーン」を提供しています。

この記事では、2020年までにブロックチェーン開発に関して専門家が予測する3つの主な傾向をご紹介します。

金融部門でのブロックチェーンの活用

今日のブロックチェーン開発の30%は、特にこのテクノロジの仕組みを利用した暗号通貨のおかげで、金融部門に集中しています。最近の*PWCの報告によると、ブロックチェーン技術により、銀行は過度の官僚主義を減らし、低コストでより迅速な取引を行い、セキュリティを高めることができます。金融機関は、2020年までに生産システムまたはプロセスの一部としてブロックチェーンテクノロジを採用する予定です。

*PWC

PWCとは(PricewaterhouseCoopers )頭文字であり、
ロンドンを本拠地とし、世界158カ国に180,000人のスタッフを擁する世界最大級のプロフェッショナルサービスファームである。デロイト トウシュ トーマツ、KPMG、アーンスト・アンド・ヤング(EY)と並び、世界4大会計事務所・総合コンサルティングファーム(Big 4)の一角を占める。

*Wikipedia 参照

 

ガバナンスと公共サービスのためのブロックチェーン

*電子政府が直面している主な課題の1つは、大量のデータを安全に管理することですが、ブロックチェーンはこのような状況では非常に効果的なソリューションであるとされており、統合医療システムや電子投票システムに適用できます。そのためシステムの不正使用およびデータと通信のセキュリティを強化します。ブロックチェーンは分散型の安全なネットワークを使用して、セキュリティ、データの透明性、およびデータ履歴を向上させます。

EU加盟国の中で、エストニアはすでにX-Roadを開発し、政府レベルでブロックチェーン技術を利用しています。これはエストニアのすべての公共サービスがアクセスできる分散型の情報システムです。フィンランド、アゼルバイジャン、ナミビア、フェロー諸島では、2017年6月以来、エストニアとフィンランドの間で自動データ交換が実施されており、世界で最初の国々との間で自動的にデータ交換が行われています。

*Gartnerの調査によると、2022年までに、10億人以上の人々が個人データをブロックチェーンシステムに保存するようになるとされています。

ロシアのプーチン大統領が、国家暗号通貨である「Crypto Rouble」を提案し、政府は公共サービスのための潜在的な利益のために、2022年までに少なくとも5カ国が独自の国家暗号通貨を持つようになると予想している。

*電子政府とは

主にコンピュータネットワークやデータベース技術を利用した政府を意味する。そのような技術の利用によって政府の改善、具体的には行政の効率化やより一層の民意の反映・説明責任の実行などを目指すプロジェクトを指す。

* Gartnerとは

IT分野の調査・助言を行う企業。本社はコネチカット州スタンフォード。2001年までガートナー・グループ(The Gartner Group)という名称であった。

*Wikipedia 参照

 

 

ブロックチェーンとIoT

ブロックチェーンをIoTに統合する主な理由はセキュリティ面であり、ブロックチェーンで使用されている強力な暗号化技術は、私たちの家庭やオフィスで接続されたIoTデバイス間の通信に安全でスケーラブルなフレームワークを提供します。インターナショナルデータコーポレーションは、多くのIoT企業がそのソリューションでブロックチェーン技術の実装を検討しており、2019年までにIoTの約20%がブロックチェーンサービスを利用することを期待していると報告しています。

 

 

ブロックチェーンの今後の課題

ブロックチェーンは人々に新しいスキルの習得を促しますが、伝統的なビジネスではプロセスを完全に再考しなければなりません。ブロックチェーンの利点を受け入れ、それらを金融サービスおよび公共サービスの向上に使用すると、2020年までにこのテクノロジの実装の成功例がさらに増えることが予想されます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事