1. HOME
  2. ブログ
  3. 秘密鍵(シークレットキー)とは?|ブロックチェーン用語集

秘密鍵(シークレットキー)とは?|ブロックチェーン用語集

Secret key (秘密鍵)とは、ビットコインなどの仮想通貨を扱うための暗証番号のようなものです。

仮想通貨というのは政府や金融機関などが存在することなくみんなで安全に管理されています。

とはいえ、みんなで管理しているからと誰もがシステムを自由に操作してしまっては決済システムが成り立ちません。

この解決策としてあるのが公開鍵であるパブリックキーと、Secret key (秘密鍵)の二つを用いた公開鍵暗号方式です。

この公開鍵暗号方式では、外部に公開しているパブリックキーと特定の人だけが知っているSecret key (秘密鍵)の二つをペアとして暗号鍵としています。

パブリックキーはSecret key (秘密鍵)をもとに作られていますが、パブリックキーからSecret key (秘密鍵)を知ることはできないようになっています。

公開鍵によって暗号化することは誰にでも可能となっていますが、その暗号化された内容はSecret key (秘密鍵)を持っている人にしか見られないようになっています。

例えば誰かに暗号通貨を送金する場合、送金者は自分のSecret key (秘密鍵)を使って電子署名をする事で送金処理を実行する事ができます。

送金先は、送金先が使用しているパブリックキーを用いて生成されるアドレスを使います。

しかしSecret key (秘密鍵)を知っていることは暗号通貨の所有権を意味するのと同じです。

このSecret key (秘密鍵)を他人に知られてしまうと勝手に自己資産を盗まれたり知らない相手に勝手に送金されてしまう可能性があります。

Secret key (秘密鍵)の管理はオフラインで行うなど厳重に注意が必要となります。

 

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事